初老夫婦の気ままな一日

街中散歩.デジカメ写真.暮らしの風景.夫婦の語らい.そんな暮らしも容易いようで難しいのです。

2017年03月

横浜緋桜5

暖かくなったり、冬の寒さに戻ったりのこの頃です。

窓に結露が付きにくくなってきたので、目隠しシートに

張り替えることにしまして、買いに行きました。

ところが店内の細い通路で、足元の陳列台の角に気づかず

靴が引っかかって、思い切り転びました。

痛いのなんの・・

側に居た夫もびっくり。

なんで転んだの?・・と。

商品に間に入った途端、私の姿が消えたそうです。

情けないですね~~足元がまるで見えなかったのですよ。

骨折しなかったのは良いのですが、2日間動けませんでした。

太めの私は、転ぶのが一番怖いと用心していたのですが

気持ちの隙なんでしょうかね・・

といって、家に引っ込んでばかりは居れなくて

痛い足を庇いつつ、いつものようにトコトコと歩きまして

ふと目に入ったのは、桜です。

「横浜緋桜」  少し濃い目のピンクの花が下に向いて咲いています。

五分咲き程の木が殆どで、とても奇麗でした。

晴れた空と桜を背景に、メジロの飛び交う姿が見えます。

花の蜜をついばんでいるのでしょうか・・

とても、可愛らしいもので、しばらく立ち止まって見ていました。

まだまだ寒い日もありますが、こういう風景は春のようです。

meziro

meziro-0

yokohama-zakura










アフリカンフェア5

昨日になりますが、赤レンガ倉庫でアフリカンフェアがありました。

赤レンガ倉庫では日曜日まで開催されるようですが、

混むのを避けて平日にのんびり出かけました。

アフリカという国に少し触れたくて、夫と出かけたのですが

聞き覚えのある国々のブースが並んでいました。

様々な工芸品、民芸品など、どれも素晴らしくて

財布の紐が緩ければ、幾らでも買いたい品物ばかりでした。

夫は、<カンガ>という敷く、包む、掛ける、吊るすなどに使える

緑色に花模様の鮮やかな生活布を購入し、自室の壁に

張って飾っています。

無機質な夫の部屋が、パーッと明るくなりました。

私は、縞模様の手製のストールを購入し、会場の外にでて

すぐに身に着けましたが、ふわっと軽く肌さわりも良く暖かくて

寒い季節はスカーフのように、夏は顔や首の日差し除けに

巻いてもいいかなと思います。

会場で目を引いた<テインガテインガ・アート>という絵画は

キリンなどの野生動物と花をデザインした艶やかな色彩の

素晴らしいものでしたが、布に描いた1m四方の

作品は作成日数1カ月程かかり、値も5万円と告げられて

手が引っ込みました。我が家の家計には厳しい・・。

板に書いた小さい作品なら数千円で買えるのですが・・

何処に飾る?と思案して我が家には不向きと諦めました。

1時間程、ウロウロと楽しく見て回ったのですが、

私は、数日前から具合が悪くて寝込んでいたこともあって

この日は久し振りの外出で、疲れを感じる前に帰宅することに。

マーケットのみを楽しんで帰宅しました。

風はちょっと冷たかったのですが、青空が広がり

お日様の下は暖かくて気持ち良く過ごせました。

African


カンガ>という布はこんな風に身に着けたりするようですが、
この方の着けている衣装は、かなり高級感があって、面前で見ると
とても鮮やかで美しい。


a-to


後ろに掛けてある絵が<テインガテインガアート>
画像では美しさが伝わらないのが残念。



suiriku



帰宅途中で見かけた水陸両用バス【前面】

suiriku0


水陸両用バス【後部】小さなスクリューが見えます。
こんなので水面を動くのかなぁ・・?




















            





















 

イートインスペースで人間観察5

今日は冬に戻ったような寒さで震え上がりました。

天気も良くなかったのですが、部屋に閉じこもりは

良い事なんてないので、いつものように買い物兼ねて

街中を歩きました。

この頃は、外に用を作って、とりあえず出ることに

しています。何でもいいのです。

何にもなければ、図書館へ行きますし、中古書店に行ったり

ただ見て回るだけでも面白いので、100均ショップを

うろうろしたり、イートインスペースで人間観察して

おしゃべりを楽しみます。

最近は大抵のスーパーや大型店舗の中に

イートインスペースがあって、重宝しますね。

休憩できますし、お腹が空いているなら食べるのも良し

お湯も電子レンジも備えてあるので便利です。

空いている時なら、1時間ほど居座ります。

周辺のテーブルに向っているママ友、婆友、家族連れ

お一人の方も居るし、何気に見ていると、それぞれに

ドラマを見ている気がします。

私たち夫婦も、他所から見ればその中の一組で

同じ思いで見ている方もいるかもしれませんね。

時間によって、座っている年齢層も違って

男女比も違ったりする。

私たちが立ち寄るイートインコーナーは何か所かあって

ちょっと、悪趣味のようですが中々面白いものです。

そこを離れてから、あの席の人悲しそうだったね・・とか

あのグループは建前で付き合ってる感じね・・とか

小さな社会の縮図・・を見るような気がします。

まぁ・・暇人が人をダシにして遊んでるだけなのですが

あっという間に時間が過ぎます。

何度足を運んでも、同じ人と出会う事はほぼありませんが

そのうちに、顔見知りが出来るかもしれませんね。

それも又楽しみになるかもしれないです。

yukiyanagi















最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文