初老夫婦の気ままな一日

街中散歩.デジカメ写真.暮らしの風景.夫婦の語らい.そんな暮らしも容易いようで難しいのです。

👇此方もポチッとお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村

5

オカメサクラ  というそうです。

咲き始めから、数日でほぼ満開になりました。

木そのものも大きくない桜ですが、花も可愛らしいですね。

行動範囲の内によく見かけるようになりました。

ちょっと得した気分です。

数日前から、一日置きに10000歩以上歩くようになって

体調が良く、気分も上向きです。

春うららな気温になるのを楽しみにしている毎日です。

okame-sakura






老いを感じる?3

今日は、前々から出かける予定があったのだが、朝になって中止した。

夫も私も体調が思わしくなく、無理をするのは止めようということに。

何となく疲れが取れてない重ったるさを夫も感じるという。

睡眠に原因がありそうだけど、それとは別に昨日、本箱を2個組み立てた。

簡単な組み立ての筈なのだけど、案外労力が必要で大変だった気がする。

これまでも組み立ての家具を買った際は同じようにやってきた。

それが今回は、何故かどっと疲れた。

私だけでなく夫も同じだったようで、昨夜は早々と床に入ったのだが

中々眠りに入ることが出来ず、眠っても直ぐに目覚めてしまう。

予約した洗濯の終了時間を知らせる音で、しぶしぶ床を離れた。

朝食も今一進まず、何方からともなく今日の外出は止めようと。

この頃、前日に何か行動した後、疲れが取れなくなったよねと。

少々距離を歩く、遠出の買い物、人ごみの中、日常以外の用事

イベント等々、結構忙しく過ごしてきたとおもう。

夫はもうすぐ70歳。私は63歳。

世間的には、老齢というには早い年齢かもしれないが

夫婦ともに、1年前とは違う心と体の変化を感じた。

これが、老いの始まりなのだろうか・・と。

妥協も受け入れ、努力は惜しまず生きていく過ごし方を

する時期に差し掛かったような思いがします。

kage















結婚記念日5

今日は結婚記念日。

朝から、ワイワイと思い出を話し、笑いあう。

遠距離恋愛2年余り、時に連絡が絶え不安になったり

思い切ろうと眠れぬ日もあったり。

やっと、連絡のとれたある日のメールの一言。

「待ってたよ!君は妻だよ」

お互いに色んな訳があり、一緒に成れる日が来ようとは思わなかった。

当時は珍しいパソコンでのメールが唯一の連絡手段の時もあったし

公衆電話からの電話もあったけど、1000円のテレフォンカードが

直ぐに尽きて、あっという間の時間が過ぎた。

新幹線に飛び乗って往復した日が懐かしく、ほろ苦い想い。

今の時代では考えられないことだけど、そういう時代を一緒に生きた。

後何年一緒に添うことが出来るか分からないけど、

心身ともに元気でありたいと願う。

大切な時間をずっと過ごしてきた夫との日々は生涯の宝物なのだから。








最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文